TOM FORD

パワーチャージするにはトムのコレクションを観る。
こうやって心も体も強くそして美しく歩いて行かなきゃって思う。
ピークドラペルの襟立ててねw

NEW FAMILY

今月から新しく仲間が増えました、

美容師時代には店長を7年間勤めあげたというベテラン。

今では美容室から初めていらっしゃるお客様や外国人のフェードスタイルをバリバリこなす実力派。
見た目の風貌とは裏腹にめちゃくちゃ優しいその接客はきっと色んな相談にのってくれる頼もしい味方になってくれる筈です。

ウチの新たなバーバー有馬(アリマ)を宜しくお願い致します。

GROOMING

GROOMING(グルーミング)
解釈はどうであれとにかくこの言葉が雑誌のタイトルで使われたことが素直に嬉しい。

で、私も便乗して身だしなみグッズを揃えてみたw

そして松浦さんの記事を読んで米倉さんの引退を知った。
私は心に固く誓ったのであった。

FUK

 

久しぶりにバーバー訪問。
まずは一杯。

どこか懐かしいニオイ。

男気溢れる硬派なシェーブを堪能。

こんなやり方も有りか…

BULY KYOTO

ほう、そうきますか…

今回もパリと日本両方の職人や建材を使ったのかな?

まぁ、とにかくこれで便利になります。
オフィシーヌ・ユニヴェルセル・ビュリーさん、ありがとう!

JS Sloane

アメリカの1940年代の社交場に通う紳士達の間では、グルーミングは当然の身嗜みだった。JS Sloaneはそんな感覚を現代に蘇らせたいという想いで立ち上げられたメイドインニューヨークのブランド。

探し求めていたモノにやっと出逢えたっていう感じかな。

HIBIYA

ここだけはどうしても見ておきたかった。

この「理容」というのが全て物語っている。

今度シルク美容シェービングをやってもらえないか聞いてみよ。

TOKOYA ROAD

京都で写真展をされているの知ったのは最終日前夜。

直接会ってお話をしたかったな…

今回もゾクゾクするような、

ジャパニーズ トコヤの佇まいと風格。

やっぱりこういうの大好きなんですよね。

美学がいっぱい詰まってる。

そういやウチの親父も店でアロワナ飼ってたよな。。