Confidence

先日あるご新規のご婦人からお電話を頂きました。
なんでもご主人様にオーナー樋口のフルサービスをプレゼントしたいとのこと…
形ある物ではなく私達の技術にそのような価値を見い出していただけるなんて、、
正に感無量です。
その御方の人生において心や記憶に残るような施術をさせて頂こうと思います。

Online Service

長らくお待たせ致しましたがそろそろオンラインサービスを始めたいと思っております。
ただ商品を便利に買って頂くだけではなく現場でお伝えしきれないそれぞれの商品の良さや選りすぐりのブランドの数々をご紹介し、そして将来的にはオリジナル商品やプロダクツを製作して我々のセンスやエスプリを感じて頂けるそんなご提案が出来るサイトを目指したいと思います。
どうぞお楽しみに!

KIDS

今更なんだけど、バーバーを開業した当初は地元のお年寄りから子供達までが来てくれるようなそんな散髪屋さんでもありたいと思ってた。
コロナ渦の中頑張って我慢しているのは大人だけじゃない。
子供たちの笑顔のために私たちが出来ること。

Tribute to TRUEFITT&HILL

せっかくこんなに素晴らしい経験をさせてもらったので
個人的に思い入れの深いこれらのアイテムを使い
英国式ラグジュアリーをご提案させて頂こうと思います。
現場では私達日本人の繊細な肌に合ったやり方をご教示し、世界中にある本当にいい物の良さを知ってもらう事が大事。
Are You Comfortable Sir?

BARBER SHOP SATO

「ここにはよく来るよ。一週間に一回は来る。いや、もっとくる。毎日?そう、毎日寄る週もある。何をしてるのかって?そうだね、何をしてるんだろうね…。髪の毛を切るのは二週間に一度くらいだし、あとはひげを剃ったり、髪の毛をシャンプーしてもらったり…。でも、何もしなくても、ここには来る。ここの個室を使わせてもらってるから、中でコーヒーを飲んだり、ビデオを見る時もある。こうやってインタビューに答えることもあるし、いつのまにか事務所みたいになったね」
 「そうだな、僕はサッさん(主人の佐藤さんのこと)に会いにくる。彼の顔を見るだけで安心して一日を過ごせる。髪の毛をいじってもらうよりも、彼と話をするために来る。一度、サッさんに刈ってもらってからはもうよそへは行けないよ。佐藤英明という人物と時間を過ごしているのが贅沢なんだ。なんと言えばいいか…。つまり、気だと思う。彼からは、気をいただくことが出来る。」

How do we think about from now on

今回のコロナでいろんな事を考えさせられましたよね…
っていう感じを久しぶりにデザイナーに撮ってもらいましたw
私が海外に行くのはその国の文化や言語など価値観の違いを実感したいから。
観光事業も経済的には必要なのかも知れないけど、もうコロナを経験したんだから安易にインバウンドや外資に頼るっていうのはどうなんだろう?
もっと自分達の地域での役割や地元文化について見直した方が良いと思うんだけどなぁ。

CSR

最近改めて良さを再確認してるドイツはミューレのシェービングクリーム。
きめの細かいクリーミーな泡がこれでもかって言うくらい優しく毛穴や肌を包みこんでくれる。
剃る側がこんなに楽しくて気持ちがいいんだから剃られてるお客様はそりゃもう笑
で、アフターシェーブはスイスのWOW CREAMをチョイス。
面倒くさがりでハイクオリティーを求める方にはお薦めでローションと乳液が一体になったオールインワンタイプ。少々値がはりますがスキンケアに本気な方には是非試して欲しい一品。
そして仕上げにはうちの定番オダウズからの新商品。
解りやすくいうと美容室とバーバーのいいとこどりのスタイリングが出来るテクスチャ。
硬い髪をねかせたり柔らかい髪を動かしたりとオールマイティー。

COVIDがどうであれどうせ公衆衛生のレベルでCSRするなら良質で確かなものを使いたい。

stay handsome

男たるもの何があっても動じずにハンサムで居続けること。
6年前にブラインドバーバーから教えてもらった。
stay homeは久しぶりにコーエン兄弟のバーバーを。

fuckin’ a declaration of emergency

どこの知事だか大臣かは知らないけど、やった方がいいのか?やらない方がいいのか?混乱を招くからはっきりして欲しい。ただ何もわかってない人達に決められるのは本当に癪だけど…
ウチはおたくらの言う散髪屋じゃないんでね。こんな時社会に対して私達がどの様に貢献できるかを頼むから今の理美容業の文化意識や存在価値をよく理解して物事を言ってくれよ。
全ての国民が安定した生活が営めるって一体どれだけの事をいうんだろう?

Ladies Shaving

こちらでレディースシェービングを紹介して頂きました
驚いたのはイタリアにもあるんですよね…
大切なのは何をどのように使いどういう目的で施術するのか?
繊細で丁寧なシェービングが完璧に出来る事それがバーバーにおけるプロフェッショナル
女性だけではなく皺が刻まれたジェントルマンや肌の弱いヤングマン達にも捧げたい